おすすめ情報

新しい観光用車両「ひえい」2018年春デビュー

開催期間:

新しい観光用車両「ひえい」2018年春デビュー

1925年(大正14年)に比叡山延暦寺への参詣ルートとして開業した叡山本線(出町柳駅~八瀬比叡山口駅間)は、叡山ケ―ブル・ロープウェイ(ケーブル八瀬駅~比叡山頂駅間)とともに比叡山への京都側の足として、多くのお客さまにご利用いただいてきました。


そして、現在、京阪グループ全体で取り組んでいる、京都中心部から八瀬、比叡山を経由し、坂本、びわ湖に至る観光ルート「山と水と光の廻廊<比叡山・びわ湖>」をさらに活性化させ、その道しるべとなるよう、2018年(平成30年)春より新しい観光用車両「ひえい」を運行いたします。


京都中心部から気軽に行ける、身近な自然空間「八瀬・比叡山」へ。大胆で新しいデザインの車両が、洛北の持つ、もう一つの京都の魅力を体感できる旅へと誘います。


【ロゴマーク】

Spiritual Energy(スピリチュアル・エナジー)
大地から放出される気のパワーと灯火を抽象化しています。


【車両デザインコンセプト】
叡山電車の2つの終着点にある「比叡山」と「鞍馬山」の持つ荘厳で神聖な空気感や深淵な歴史、木漏れ日や静寂な空間から感じる大地の気やパワーなど、「神秘的な雰囲気」や「時空を超えたダイナミズム」といったイメージを「楕円」というモチーフで大胆に表現しています。
また、側面に配されたストライプは比叡山の山霧をイメージしています。