おすすめ情報

鞍馬駅前のモニュメント“大天狗”をリニューアルします

開催期間:

鞍馬駅前のモニュメント“大天狗”をリニューアルします

叡山電車鞍馬線は、2018年12月1日に開通90周年を迎え、本年12月までの約1年間で「鞍馬線開通90周年事業」を行っております。その一環として、鞍馬へ訪れる皆様を駅前でお迎えしている“大天狗”のモニュメントを今秋リニューアルします。

“大天狗”のモニュメントは、2002年より鞍馬駅前に設置し、地域の皆様や観光のお客さまなど多くの方々から親しまれてまいりましたが、長年屋外に設置していた影響から老朽化が著しく、大雪の重みで鼻が折れる被害もあったことなどから、この度、デザインを一新したうえでリニューアルすることとなりました。

【鞍馬駅前モニュメント“大天狗(おおてんぐ)”について】
鞍馬駅前の“大天狗”は、1994年に平安建都1200年を記念して鞍馬の自治会により制作されたものです。「平安建都1200年記念事業」の一環として、同年11月に開催された「京都まつり」のメインイベント「都大路パレード」では、この“大天狗”が京都市役所前の御池通をパレードしました。
パレードの終了後は、鞍馬地区の鞍馬街道脇に設置されていましたが、2002年に鞍馬駅前に移設され、現在に至っています。
高さ約4m、鼻の長さが2.3mもある“大天狗”は、圧倒的な存在感で鞍馬を訪れる皆様の目を引き付け、記念撮影のスポットとして親しまれています。

■現在の“大天狗”
制 作 年:1994年
展示期間:2019年12月20日(金)まで(予定)
素  材:発泡スチロール
大 き さ:高さ約4m×横幅約2m(高さには台座を含みます)、鼻の長さ2.3m


■新しい“大天狗”について
展示期間:2019年10月18日(金)から
コンセプト:従来の大天狗のイメージを受け継ぎつつ、力強さの中に地域を見守る優しさやあたたかさを表現しました。
高  さ:4.0m(天狗の顔の高さは1.8m)
素  材:FRP(繊維強化プラスチック)
デザイン:京都精華大学マンガ学科キャラクター・デザインコースの皆さま


■新・大天狗完成披露式について【終了しました】
日  時:2019年10月18日(金)10:30~11:30(予定)
場  所:鞍馬駅前広場
参 加 者(敬称略)
 鞍馬寺執行 信楽 香爾
 京都市左京区長 池内 正貢
 京都精華大学前学長 竹宮 惠子(京都精華大学国際マンガ研究センター長)
 鞍馬火祭保存会会長 三宅 徳彦
 叡山電鉄取締役社長 豊田 秀明
 京都精華大学の教員・学生 ほか
内  容
 ①社長挨拶
 ②来賓挨拶
 ③大天狗の除幕式
 ④「鞍馬の火祭」松明入れ替えの紹介
 ⑤新制服の紹介
 ⑥記念撮影
司会進行
 声優 秦 佐和子
 テレビ番組で鞍馬線や現在の大天狗を紹介していただいたことがあるほか、好きな駅のひとつが貴船口駅である等、鞍馬線に縁があることから、司会進行をしていただく運びとなりました。

最寄り駅 鞍馬駅