「ひえい」“HIEI”

「ひえい」

「ひえい」 
“HIEI”

1925年(大正14年)に比叡山延暦寺への参詣ルートとして開業した 叡山本線(出町柳駅~八瀬比叡山口駅間)は、叡山ケ―ブル・ロープウェイ (ケーブル八瀬駅~比叡山頂駅間)とともに比叡山への京都側の足として、 多くのお客さまにご利用いただいてきました。
京都中心部から気軽に行ける、身近な自然空間「八瀬・比叡山」へ。
大胆で新しいデザインの車両が、洛北の持つ、もう一つの京都の魅力を体感できる旅へと誘います。

Eizan Line(From Demachiyanagi to Yase-Hieizanguchi)started its operation in 1925 as a pilgrimage route to Hieizan Enryaku-ji temple. It has been loved by many locals and tourists together with Eizan Cable Car and Ropeway as important means of transportation from Kyoto city center to Mt Hiei.
Why don’t you take on a casual outing to the neighboring nature “Yase, Hieizan” from central Kyoto?
New dynamic design of this train will invite you to the exciting journey to discover the charms of Rakuhoku area that has not been explored.

「ひえい」バナー「ひえい」バナー
外観
車内
外観

外観

叡山電車の2つの終着点にある「比叡山」と「鞍馬山」の持つ荘厳で神聖な空気感や深淵な歴史、木漏れ日や静寂な空間から感じる大地の気やパワーなど、「神秘的な雰囲気」や 「時空を超えたダイナミズム」といったイメージを「楕円」というモチーフで大胆に表現しています。
また、側面に配されたストライプは比叡山の山霧をイメージしています。
行先表示器は日本語のほか、英語、韓国語(ハングル)、中国語(簡体字)の4か国語で表示します。

“Oval” motif boldly expresses the concepts of “Mystical atmosphere” and “Dynamism transcending time and space”. These concepts are exemplified by the two destinations of Eizan Railway lines, Mt.Hiei and Mt.Kurama, which hold solemn and sacred atmosphere, deep history, earth energy and power.
The stripe patterns on the side of the train symbolize fog covering Mt.Hiei.
The destination signage on its exterior is displayed in four languages, including Japanese, English, Korean, and Chinese.

車内

車内

座席にはゆったりとしたバケットシートを採用。お客さま一人ひとりの着席スペースを明確にするとともに座り心地の向上を図っています。
照明には、当社の車両では初めてLEDダウンライトを採用し、今までの当社車両とは違った非日常感を演出しています。
また、八瀬比叡山口駅側のドア付近に車いす・ベビーカースペースを1か所設け、バリアフリーにも対応しています。

The baguette style seats are designed for maximum comfort. It is easy to know the sitting space for individual passenger by its forms, and its design makes the seats more relaxing and cozy.
For lighting, the train is installed LED downlight, which was first among the trains of Eizan Railway. Its gentle lighting brings the sense of “extraordinary mood”.
The train is also designed to be “Barrier Free”, with a designated space for wheel chairs and strollers near the front door.